ようこそ「SolidWorks講座★SolidWorks入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール」へいらっしゃいました!このサイトは、SolidWorksが今とっても気になっているとか、SolidWorksの大ファンだ!またはSolidWorksが大好き!SolidWorksの使い方操作解説マニュアルなどが欲しい!という方を対象に、様々な情報を提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、通販ショッピングしたり、大変便利になりました。もちろん、SolidWorksの最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★SolidWorks 情報一覧★
TopSolidWorks 紹介 >SolidWorksについて

SolidWorksについて

SolidWorksの使い方、SolidWorks講習、SolidWorks教室などSolidWorks情報をお探しの方へ。まずはじめにSolidWorksの概要をご紹介します。(wikipediaより)

SolidWorksはマイクロソフト・ウインドウズでそしてSolidWorks Corporation - CATIAメーカーダッソーSystèmes、s.a.の子会社によって成長して動く3D CAD (計算機援用設計)プログラムである。 Pro/ENGINEER、SDRCの考え(今Unigraphics NX/SolidEdge)、およびAutodeskの機械卓上(今Autodeskの発明家)のようなプロダクトと競うために1993年に独自に導入されてSolidWorksは中央CADの市場の部分である。

SolidWorksはモデルおよびアセンブリの作成にパラメーター付きの、特徴基づかせていたアプローチを用いる。変数は価値がモデルまたはアセンブリのサイズ、形、特徴および行動を定める条件か抑制を示す。変数は円の直径またはラインの長さのような例えば次元の価値数字である場合もある; または、条件のような幾何学的タンジェント、同心、一致した、平行、横等を好みなさい。次元のような数字変数は同等化によって容易に最も複雑な設計意思を捕獲するために互いに関連付けることができる。


特徴はpart.のブロックを示す。それらは形であり、part.によって形基づかせている特徴を組み立てる操作は第2または3Dからスロット、穴、主任をpart.によって形基づかせている特徴から材料を普通加えるか、または取除きなさい等を始まるスケッチ含んでいる。 操作基づかせていた特徴に一般にスケッチがない。これらのタイプの特徴はpart.に草案を肉付けするか、溝を彫るか、殻から取り出すか、または加えることのような操作を含んでいる。

SolidWorksでモデルを造ることは通常第2または3Dからスケッチ始まる。スケッチはライン、アーク、conicsおよびスプラインのような幾何学から成っている。次元はスケッチに幾何学のサイズそして位置を定義するために加えられる。関係が接触、平行、perpendicularity、同心性、およびそのような物のような属性を定義するのに使用されている。 SolidWorksのパラメーター付き性質は次元および関係が幾何学他の方法ではなくを運転することを意味する。スケッチの次元はスケッチの外の他の変数への関係によって、または独自に制御することができる。例えば、長方形をスケッチし、高さおよび幅を寸法を測ることができる。 それから直角プリズムを作成する突き出ることができる長方形。放出がより長く得れば、高さがそれに応じて変わるように長方形の高さにそれから放出の長さを関連付けることができる。なおプリズムの後で作成された穴の直径がプリズムの幅を運転するように、プリズムに直面して続いて穴を加え、別の関係を作成できる。穴がより大きく育たなければならなければこうすればはまた、プリズムの次元それを収容するために増加する。

SolidWorksの特徴基づかせていた性質のもう一つの面は部品の歴史に転がることができる変更を行なうか、付加的な特徴を加えるか、または操作が行われる順序に変わるためにである。

アセンブリでは、関係をスケッチするアナログは仲間である。スケッチの関係がスケッチの幾何学に関して接触、平行および同心性のような条件を定義するように、アセンブリ仲間は個々の部品か部品に関して同じ関係を定義する。 これはあなたが部分の模倣で有する同じ容易に編集された知性の部分を組み立てることができることを意味する。簡単な仲間を越えてギヤおよびカムおよび従節の仲間を含んでいる進められた仲間はある。

さらに、SolidWorksに次の通り辿ることができるすべての事をまとめることの階層がある

posted by SolidWorks at 22:16 | SolidWorks 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。